の~んびり♪ しすぎです

花と山と音楽と娘(犬)達。。。って、日々の雑記が一番多いです。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

配線など交換(25th、ST62AS)

先延ばしにすると、なかなかしないので

やる気になった時に、一気にやっちゃいましょう。

配線の変更の残り2本。

まずは25thから。

弦はまだ替えなくていいので

ネックを外しておいて、ちょちょいと。

Afterだけですいません。

20170429 215909



続けて、ST62-65AS。

あ、どうせピックガードを外すなら、

この前ST72から外したTex-Mexに

載せ替えましょうか(思いつき

これはBefore。

20170429 223759



てことで30分余分にかかって

配線変更&ピックアップの交換終了。

ピックアップの配線の長さは

外したままで変えなくて良かったので、

早くできました。

20170429 225818



ST72とST62で、同じアルダーのボディで

ポットやスイッチ、コンデンサも同じで

配線も同じクロスワイヤーに交換してあって

ブリッジサドルもこの前まで同じものを使ってて

同じTex-Mexを載せていましたが

記憶のST72の音とは違うんですよね~。

違いは、ネックが少し太いのと、

ローズ指板の貼り方と、

あとはヘッドの大きさ。

お世話になってるカスタムショップの先生が

スモールヘッドがお好きなのですが

同じように作ってもラージヘッドだと

音が違うとおっしゃってましたが

この音の差は、個体差なんですかねぇ。

ヘッドの大小の差なんですかねぇ。

なかなか面白いですね。

スポンサーサイト

| 楽器のメンテや改造 | 00:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

弦交換のついでに配線変更(1973)

さぁ、世間はGWに突入ですね。

体調がまだイマイチなので、

主に休養にあてようと思います。

娘(犬)の来客が終わればなぁ。。。

ドッグランやドッグカフェも行きたいのに。



さてさて。

サンバースト/ローズのストラトも

そろそろ弦を交換しようと思いまして

ついでに配線も変更です。

回路図やBeforeは省略して、はい終了!

20170428 160432



以前、いつもお世話になっている

カスタムショップで教わったのですが

サンバーストの赤が少ないと思うのは

ポリ塗装の表層が黄ばんできて

赤の薄い部分が見にくくなってきているだけで、

剥がすと赤が出てくるんですよーって。

今日、ピックガードを外したところを

気をつけて見てみたら、おぉ!

日焼けしていない所は赤い部分が多いですよね。

なるほどなぁ、と納得。

20170428 160449



前回メンテナンスしたときに

いろいろやらかしてまして

ブリッジサドルのイモネジを交換した時に

スプリングの位置を間違っていて

1弦に短い短いものが入ってて

全然効いてなくって、あれぇ?(笑

(1弦用の長いのは6弦に入ってた)

てへへ♪ 直しました。

20170428 174003



あと、ピックガードを外して作業していて

戻すときに、ピックアップ用のバネが

1つころんっと。。。え、なんで?

フロントピックアップの片方のスプリングで

どうもネジがスプリングの中を通らず

挟まってただけだったようで。

てへへ♪ 直しました。

20170428 174011



情けないですなぁ(笑



それではGWです。

期間中にあと2本、配線を直さなくっちゃ。

| 楽器のメンテや改造 | 22:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブリッジサドル交換(ついでに配線変更)(1982)

先日、ST72のサドルを、プレスタイプから

ダイキャストに交換しましたが

それの第2弾と言いますか、

1982のサドルも交換です。

20170412 153953



1982年製なので、このギターも

元々はダイキャストタイプでした。

劣化して交換した時は見つけられず

プレスタイプにしたのですが

見た目重視(オリジナルの姿の尊重)ってことで

今回の弦の張り替えついでに交換します。

サドルを替えると音も変わるって方も多いのですが

自分はあまり分かりません。

生音だとなんとなく変わったかなーって

気もしないでもないですが

歪ませたら分かりませんw

自分の耳は、その程度です。

音の変化のうち何%ぐらいが、

サドルによるものなんでしょうねぇ^^;

とまぁ、そこらは置いておいて

早速交換作業です。前回と同じ要領で

1つずつ、だいたい高さを合わせておいて

せっせと交換。

20170412 154601



若干隙間があるような気もしますが、

1973と25thと比べても、まぁこんなものでしょう。

イモネジは違いましたが。(レンチの穴が細かった)

これとは別にAllparts の直輸入品も見つけたのですが

記載されていた寸法が「2-3/16"」で、???

2/8インチ(6.350mm)+3/16インチ(4.763mm)で

11.1mmってことなのかなぁ。

今回買った11mmと変わらないですねぇ。

それに輸入品だからといって、

イモネジがインチ系だとも限らないですし。

(写真を見る限り、同じ物っぽかったです)

なので、これで良いです。

弦を張るときに、きちんと揃えます。

20170412 155539



あぁ、そうだ、

ST72と同じように、

センターもトーンが効くように。

ついでに配線も変えましょう。

Before。

002_201703292257510ee.jpg

20170412 155843



After。

004_201703292334091ac.jpg

20170412 160807



ほとんど変わってないように見えますねw

テストしてOKだったので、復旧して

弦を張ってチューニングして、おしまい。

見た目が70年代~80年代って

感じになりましたねv

20170412 164045



そうそう。

オリジナルの配線だと、

リアとセンターのハーフトーンの位置にすると

センターのトーンが効くのですが

うちのギターはセンターのボリュームを0にできるので

ハーフトーンの位置にしてセンター0だと

出てくるのはリアの音だけで

それにトーンが効くっていう状態になるんですね。

今日気付きました(遅

リアでトーンを使うか?と問われれば

「No」なので、あまり役に立たない発見(?)でしたw



他のストラトも弦を張り替える時に

順番に直していきましょう。

| 楽器のメンテや改造 | 20:19 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

配線の接続を替えてみました(ST72)

気になってた部品(配線)交換(改造)第4弾は、

F/JのST72の回路(+コンデンサ)です。



改造自体は簡単なのですが、

どう改造したかっていうのを

文字で書くのはかなり難しいので

簡単な絵にしてみました。



元々のストラトの回路は、こうなってまして

真ん中のセレクタースイッチは

上下が同時に動くと思って下さい。

V:ボリューム、T:トーン、出:出力ジャック です。

001_20170329225752995.jpg



で、うちのストラトは、ミニスイッチ等を付けずに

センターをオン/オフできるようにと

トーン → ボリューム にしています。

なのでセンターのトーンはありません。

002_201703292257510ee.jpg



で、以前、このST72と、ST62ASは

トーンへの接続を、ボリュームの入口→出口に

変更してみました。

ボリュームを下げた時に、こもりにくくなるらしく。

003_20170329225750c39.jpg



トーンが3つのピックアップに効く状態ですが

リアはトーン(コンデンサ)を通したくないなー、

フロントとセンターにトーンが効くように(共用で良いので)

オリジナルに近い感じにならないかなーと思いまして、

考えてみたら意外と簡単にできるなと。

004_201703292334091ac.jpg



てことで、やってみます。

弦を張り替えたばかりなので

ネックを外して、ピックガードを開けて。

20170329 212608



コンデンサも、頂き物でしたので、

この機会にいつものやつに交換します。

20170329 212159



Before。

20170329 212615



After。

20170329 214549



ちょっと配線が増えた感じですが

オリジナルの配線もこれぐらいです。



音は、どう変わったでしょう?

リアは、トーン回路を通らなくなって

変更前より、若干明るくなったかなぁ?

オリジナル回路と聞き比べはできませんが

元々の音に戻ったと言うべきですね。

1歩間違うとキンキンしそうなのが、

ストラトのリアですしねぇw 良い感じです。

フロント/センターは、交換したコンデンサの

特徴が反映される回路ですが、

交換前後の違いは分かりません(笑

自分の耳は、まぁこんな程度だということで。



作業自体は1時間ぐらい。

Excelで絵を描くのに1時間ぐらいw

とりあえず満足して終了です。

あ、ST62ASもそうですが、他のストラトも

このパターンに直してみようかなぁ。

またそのうちに。

| 楽器のメンテや改造 | 23:18 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

トレモロブロック交換(ST62US)

気になってた部品交換第3弾は、

F/J ST62-USのトレモロブロックの交換です。



幸い、うちにあるF/Jのストラトは

3本共交換できる構造で

他2本の様子を見てからにしようと

これだけ残してましたが、この機会に交換します。

他のパーツを買うついでに、手配しました。

20170327 192438



交換前のオリジナルのブロック。

他のF/Jのストラトと同じで、

弦の端の丸い部分が見えない構造ですね。

20170328 155537



左:外したものと、右:買ったもの。

20170328 161752



ネジ3本でプレートとブロックを

止めているタイプです。

20170328 163341



ST72も以前交換してまして、

1970年代のストラトは一体物なのですが

ST72は幸い?ネジ3本のタイプだったので交換できました。

丸ごと交換するとお高くなりますしねぇ^^;

(このブロックは5,000円弱ぐらい)



取り付けて弦を張りました。

端の丸いのが見えてますね、よしよし。

20170328 183947



チューニングしてたら、フローティングしすぎたので

裏のネジを締め込んで調整。

トレモロブロックにかかる力の場所(弦の端の位置)が

変わったからでしょうかねぇ。

20170328 165226



音は、他の替えたのと同じように、

なんとなく元気な感じになった気がします。

ただこのギターは、アームダウンすると、

少しひっかかりがあって、元の位置まで戻らず

引っ張り上げると戻ります。

6弦側の取り付けねじ付近で

こすれる音(きしみ音)がするので、

ザクリ部分のどこかが当たってるみたいです。

木工加工はさすがにしたくないので

近日、いつもお世話になってるカスタムショップで

見て貰おうと思います。



ふー、あと1つ。

| 楽器のメンテや改造 | 22:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブリッジサドル交換(ST72)

気になってた部品交換第2弾は、

F/JのST72のサドルです。



劣化したサドルを交換したときに

1982で使ってみて良い感じでしたので

Raw Vintage のプレスタイプを使いました。

11.2mm幅でインチのイモネジです。

ダイキャストのサドルが良かったのですが

探しても見つけられなくて。。。

20170327 192521



とはいえ、1972年のモデルなので、

やっぱりダイキャストのやつが良いなぁと

諦めずに探してみたら、見つかりました。

20170327 192421



11.2mm(インチ規格のイモネジ)を探していたのですが

11mm(ミリ規格のイモネジ)しか見つからず

微妙に隙間ができそうなのと、

弦高調整する時にレンチを間違いそうですが

今回は見た目重視ってことで、使ってみます。、

1つずつ外して、高さを概ね合わせておいて

交換していきました。

20170327 213417



6つ交換終わりv

20170327 214202



外したRaw Vintage はまた何かに使うかもなので

少し錆がでてましたが、保管しておきます。

順番に並べてマスキングテープで固定しておきます。

20170327 214344



弦を張って、チューニングして

高さを再調整して、オクターブチューニングして。。。

20170327 220235



隙間はあまり気になりませんね。

音は、同時に聞き比べられないので

どう変わったか、良く分かりませんが

やっぱり70年代の雰囲気ですよねー。

1982もこれに替えてみようかなぁ。。。

| 楽器のメンテや改造 | 22:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ポット交換しました(V)

以前から気になってた部品の交換等があるのですが

この機会(?)に片付けてしまいましょう。



第1弾は、年末にポット交換して

ついでに配置も変えたVですが

ポットを間違ってシャフトが長いタイプを買ったので

本来の短いものに交換です。

20170327 195650



またこの狭いところでハンダ付けです。

半田ごてで、その辺に触らないように気をつけなくちゃ。

20170327 195656



買ったポットと、外したポット。

これだけ長さが違うんですもんねー。

20170327 201408



1時間かかって復旧。

窮屈だったコンデンサの付け方を変えてみました。

20170327 202942



ブリッジアース線を半田付けして

ピックガードを戻しておしまい。

ノブとピックガードの間の隙間は

ほとんど変わってませんが、

ピックガード内の収まりは良くなったはずです。

20170327 203534



ついでに、スポンジがヘタったか

前回ミスったかで、リアピックアップの

角度がなくなっちゃったので、

スポンジを敷き直してなんとか。

20170327 203623



あとは弦を張ってチューニングしておしまい。

これですっきりv

| 楽器のメンテや改造 | 23:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ポットとジャック交換(V)

相変わらず風邪です。

ひどくはないのですが、長引いてて

熱も微熱程度なのですが、だるくてだるくて。

悪いことはしてないんですけどねぇ。


ちょっとしか。


さて、前からジャックの接触不良が気になってた

FLYING Vですが、テレCustonやSGを買ってから

ボリュームの配置が違うので、よく間違うように。

こう上から見ると、テレCustonやSGは


(V:ボリューム、T:トーン)

  リアV   リアT

   フロントV フロントT

20161210 200440


と配置されてるのですが、Vは


  フロントV  リアV

    マスターT

20161221 132202


SGとはフロント(下)とリア(上)が違うってのも

ややこしいというか、間違いやすいです。

リアのボリュームを触るつもりで

触りやすい所にあるトーンを触っていて、

うがー>< と。。。


  えぇい、配置を入れ替えたる!


というわけで、やっちゃいます。

ジャックは接触するところを磨こうかと思ったのですが

せっかく開けるから交換します。

SGと違ってピックガードマウントなので

ピックガードを外してしまえば

ハンダ付け外し作業は楽だと思っておりました。

甘かった。。。

20161221 165746



これもピックアップの配線がクロスワイヤーだったので

他の配線もクロスワイヤーに替えちゃいましょう。

間隔が狭いのでハンダごてが使いにくい@@

外した短い配線は捨てるので、

被覆を溶かしてもいいんですが、でもねぇ。

ポットやスイッチを外しながら配線を外しました。

20161221 133953



ポットを先に付けてから配線しようとして

無理だと悟りました。

スイッチを外して出力配線を先につけて

スイッチを付けて、下になるところから順に。。。

せ、せまい!

コンデンサ、収まらないかと思いました。

20161221 143049



微熱の状態で薬が効いて、

汗がじわじわ出てくる中の作業でした。

今回はいろいろと、やらかしました。(えへ♪

①ポットも買ったのですが、

長いタイプ(レスポール用)を間違って買いました。

余ったナットで調整。ザクリが深くて助かりました。

②フロントとリアの接続を間違って

テストで気付いて、やりなおし~><

配線の外しつけ、狭かった。。。

③狭いところのハンダ付けで

ハンダごてのケーブルがよじれたので

直そうとこてを動かしたら、なんと

ボディに触ってしまって塗装が少し溶けました。


  うわー>< 


名誉の負傷ってことで(泣



おかげで、操作性は良くなりました。

  フロントV  マスターT

    リアV

20161222 02357


考えてみれば、

ストラトでもフロントでボリュームを下げて

クリーンな音にしてっていうのはしますが

リアでボリューム操作って、あまりしなかったです、

以前は歪み系エフェクターのON/OFFをしていましたが

最近は入れっぱなしにするようになって

歪み具合をギター側で調整しようとして

ボリュームを触るようになったので

不便に思うようになったんでしょう。


***


さて、世間はそろそろクリスマスです。

予定は何もないのですが

とりあえず、早く風邪を治さなきゃ。

解熱剤が効いて汗だくです@@

| 楽器のメンテや改造 | 20:01 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ペグとポットを交換(SG)

良い天気ですが、寒いですねぇ。

冬ですもんね、しょーがないです。



てことで、部品は揃っているので早速始めましょう。

買って早々のSGですが、いくつかパーツ交換です。

①ロトマチックからクルーソンへ

1961年頃の「こぶ2つ」の外見のものにします。
裏面は少し違いますが、がまんw
ペグ自体も軽くなるので音も軽めになる?w

②ポットを300Ω→500Ωへ交換

高域が少し押さえられてるようなので
少しでしょうけど、すっきりできればいいな。

③コンデンサと配線交換

コンデンサ交換だけにしようと思ったのですが
ピックアップからの配線と一部がクロスワイヤーだったので、
その他の配線もクロスワイヤーに交換します。

④シャーラーのロックピンに交換

ヘッド落ちが激しいこともあるので
このギターも交換しておきます(安心v)
ぐるっと回ったときに抜けたら、うわー><ですし。



それでは開始!

。。。微熱があってだるいんですが(笑

ブリッジとテールピースが外れて飛んでいかないように

マスキングテープで止めておいて弦を外して

まずは簡単なロックピンへの交換。

頭が大きくて外れにくいピンなのですが

ストラップをつけにくい&外しにくいなので

Vも早々に交換しましたっけ。

20161207 165825



いつも剥がすのを忘れる保護シールですが

剥がれてきて気付きました。

とってしまいます。

20161210 172105



オリジナルの「なんちゃってクルーソン」ロトマチック。

20161210 172241



1/2インチのソケットレンチで、

くるくるっと簡単に外れました。

思ってたより、締め付けは緩かったです。

クルーソンに付属のネジは柔らかいそうなので

ついてたネジを継続使用します。

太いロトマチックから、細いクルーソンに変えるので

クルーソンに付属のブッシュではなく、

コンバージョンブッシュを使用しますが

これが緩いんですよねー。

外形約10mm(10.3mm=13/32インチ)なんですけど

スポっと抜けてきます。

20161210 173214



何か巻いて押し込もうかとも思いましたが

力のかからないところなので、

木工用ボンドに頑張って貰います。

裏返したときに飛んでいかないように

くっつくまでテープで固定しておきましょう。

20161210 174556



ボンドが固まるまで時間がかかりますから

ポット等の交換は、ゆっくりやりましょう。

ぎゅうぎゅうに押し込まれている感が。

20161210 174807



狭くて、ポット類をつけたまま配線を外せなかったので

スイッチ、ポット、ジャックを外して、配線を外しました。

スイッチ~ジャックの配線は継続使用です。

20161210 180134



配線してからポット類を取り付けようかとも思ったのですが

配線の長短で収まりが悪くなりそうだったので

つけてからでは、どうやってもやりにくい

スイッチ~ジャックの配線だけ先にしておいて

先にポット類を取り付けることにしました。

目盛りの位置用のやつが回っちゃうので

マスキングテープで押さえておいて。

ねちゃっと汚れますが仕方ないです。

20161210 181934



途中は省略しますが、それにしても狭いことw

端子がボディに当たってたぐらいですし。

工場でポットのワッシャを締める時に、

フロント用ポットの2つが少し回転したんだと思います。

まぁ木に当たってもそう影響ないと思いますが。

ポットの向きも気を遣って取り付けましたが

狭くて、真上からハンダ付けする感じ。

いつもアース系から先にやるんですが

出力系のハンダ付けができなくなりそうだったので

出力系→アース系→ピックアップの順にしました。

写真ではスイッチのアース線が抜けてますが、

この後気付いてつけました。(えへ

20161210 185629



VやTeleでやったように、トーンの取り出しを

ボリュームポットの出力側に変えてます。

テストしてOKだったので配線はおしまい。

ブッシュもくっついたので、ペグの取り付け。

仮止めして定規を当ててまっすぐにしておいて固定。

20161210 191432



つまみの根元の「こぶ」も2段になりました。

ぱっと見は設定年代通りになりました。

20161210 191556



指板の手入れもして、テープのネバネバや手垢も磨いて

弦を張っておしまい~~v

20161210 200434



早速試奏です。いつものように、

同じセッティングの状態で弾いて

記憶との脳内比較ですが

こもった感じも減って、

より軽快な感じになった気がします。

ポット(+配線方式変更)とペグのどっちの影響が

大きいかは分かんないですがw

ボリュームを下げた時の音も

こもった感じが減ったと思います。

良い感じになりましたv

同じハムバッカー(型番は違うけど)ですが

Vより少し明るい(軽い)感じの音になりました。

Vの方が少し柔らかいですかねぇ。



あと簡単に交換できるパーツは

アルミのテイルピースと鉄のスタッドですか。

とりあえず勉強(情報集め)します。

| 楽器のメンテや改造 | 01:11 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ペグのワッシャを交換しました(25th)

週末って早く過ぎますねぇ(はぁ

今日も行楽日和で、穏やかな良い天気でした。

窓を開けてたら爽やかで寒くもなく、

娘(犬)達とお昼寝など。。。

昨日は8年ちょっと粘ったサブPCがついに壊れまして。

今のメイン機が「7号」なのですが、このサブは「3号」。

4~6号はすでに壊れて廃棄されています。

メモリ増設、グラボ載せ替え、通信カード挿入などで

延命しまして、かなり長持ちしてくれました。(-人-)

新規購入して、今のメイン機(4年経過)はサブにする予定です。



さてさて。

ペグのワッシャが変色してしまい

交換したのが2015年10月15日。

でもそれが分厚いアルミ製だったので、

違うのを探して、薄いステンテス製を

なんとか見つけたのが2016年01月14日。

それから10ヶ月、やーーーっと交換です。

さっさと替えれば良いのに、だいぶ粘りましたw

20161106 223127



まず1つ替えてみました。

自然な厚みですよねー、うんうん。

20161106 223738



全部交換終わり。

光り方もやはりこうでなくては。

アルミだと白っぽいんですよねぇ。

20161106 224506



ついでにフレットも磨きました。

ぴかぴか。

20161106 224516



弦を張って、おしまい。

20161106 230101



0.5mmでは、ちょっと薄いかなって思いますが

オリジナルのワッシャの厚みまでは分からなくて

(しかもインチ系ですしねぇ)、

英語ばかりの通販サイトで買う度胸もないので

これでがまんします。

とりあえずやっとすっきりv

| 楽器のメンテや改造 | 23:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT