の~んびり♪ しすぎです

花と山と音楽と娘(犬)達。。。って、日々の雑記が一番多いです。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

13本目(Gibson SG)

さて、今年もこの時期がやって参りました。

今月のXmasと来月のBDの、

自分へのプレゼントを考える時期です(笑

秋にPCが壊れて予定外の出費があったので

今期は控えようと思っていたのですが

お値打ちなのを見つけてしまって(言い訳)



ちょうど、AC/DCやBlack Sabbathの

ライブのDVDを買って観まくってる時に

見つけてしまったので、

まぁ自然な流れといいますか。



外箱は、違うギターの箱に入って来ました。

(Les Paul Tribute T 2017 Satin Gold Top の箱でした)

付属の「ネーム入り専用セミハードダンボールケース」は

どうせ捨てるのでなんだってかまいませんがw

20161206 195249



このギターの色はチェリーってイメージも強いのですが

あえて手垢の目立つこの色をw

Standard、Custom等の現行モデルもありますが

1961年のリイシューモデルにしました。

単に好みだっただけです。

たとえば、ヘッドにクラウンマークがあるとか

ピックガードが小さいとか、インレイが台形だとか、

バインディングがあるとか。

20161206 195838



SGって今まで不勉強だったので

あれこれ調べてお勉強してきました。

生産を止めたレスポールに変わって

1961年から生産したギターで

レス・ポールさんが名前を使わせてくれなくて

(わしゃこんなの認めん!って言ったんですかねぇw)

社内の通称だったSG(ソリッドボディ・ ギター)に変更。

ダブルカッタウェイのデザインから

サタンのギターっていう説もあるとか。



特徴っていえば、やはり


  うわ、かる~~(軽い)!!


ボディも薄いマホガニーだし、すっごく軽いです。

ハイフレットはすごーく弾きやすい。

そのおかげでヘッドが下がります。

ほとんど下向き垂直になりますが、

まぁこれは「仕様」ですしねぇw

レスポールみたいに

マホガニーバック+メイプルトップで、

しかも中央が盛り上がってるっていう

手間暇のかかるボディじゃないので

コロコロからズンズンまで、みたいな音はしません。

柔らかくて軽い(薄いじゃなくて軽快な)イメージですか。

なんとなく甘い気もしますが

記事によればポットに300Ωを使って

メロウな音を狙ったとかなんとか。。。


  よけいなことするなよー


普通に500Ωを使ってくれればいいのに。

どの程度変わるかわかりませんが、

そのうち交換してみます。



ペグはのロトマチック(なんちゃってクルーソン)で

重いロトマチックから軽いクルーソンに変えると、

音も変わるかなってのも興味もありますし

外見もそれっぽいのに変えてみます。

20161206 205249



てことで、準備まではしました。

つまみの「こぶ」が2つのクルーソンと

コンバージョンブッシュです。

本当は、裏の文字が1列のものが良かったのですが

メーカー取り寄せとか高いとかでして

2列のものでがまんです。

20161209 223128



ポットはいつものやつが買えなかったので

今回はへそなしのCTS。

あとはお気に入りのオイルコンデンサ。

部品交換は、また近いうちにします。

20161209 223154



Fender系で慣れた身には

Vと同じく、指板が「平ら」に感じます、

指板も削れないので、指先が当たって

若干弾きにくいですが、できるだけ気にせず。

(気にするほどに、うまく弾けるわけでもないw)

このギターの得意分野?は、やっぱり

メタルよりは、ハードロックでしょうか。

やはりアンガス先生のイメージが強いかもw


しかし。


毎年買ってたら増える一方だけど

欲しいギターって、減らないんですよねぇ。

スポンサーサイト

| 使用機材について | 22:51 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

12本目(Fender MX Tele Custom)

前にナチュラル/メイプルのテレキャスターを買ったときに

すごく迷っていたのが、テレの70sカスタム(黒)。

↓これっすね。

112_201607012125412d8.jpg



その時は、迷いに迷って、ナチュラルにしたのですが

最近、ローズ指板のテレが1本欲しくて

最初は、60年代のカスタムのモデルを狙ってました。

↓ これです。

100_201606302042454fd.jpg



ボディにバインディングが入ってて

いいなーと思ってたのですが

シングルコイルのテレは1本あるし

ロゴがスパゲティ・ロゴなので

やっぱり、70sのカスタムか、

70sシンライン辺りが欲しいなーと思いまして。

↓これ。

111_20160701212830f9b.jpg



でも、これもメイプル指板のモデルしかなくて、

今1歩が踏み出せずに現在に至るでした。

以前にローズ指板の70sカスタムを見た気がしたけど

Fenderの公式を見てもないし。。。

中古を2本買って、ネックを交換する手もありますが、

そこまでするのもいかがなものかと、あきらめて、

60sカスタムに傾きかけていたところ

ローズ指板の70sカスタムを発見!

Fender Mexicoの生産終了品ですが、新品であったので

復職10ヶ月の自分へのご褒美とか

無理矢理理由をつけまして、えぃ!

20160629 195142



少しだけ弾いてみました。

ボディはアルダーだそうですが、軽い!

フロントが甘い音ですねー、さすがハム。

そして、慣れたローズ指板が弾きやすい♪


しかし!


ボリュームを下げると音が異様にこもる。

1973であった症状に似てます。

ネットであれこれ調べて見たら

音がこもって使えねぇ!って記事もありましたので

このギターだけじゃなくて、何かあるのかもですね。

近日ピックガードを開けて見てみます。

あとは、ブリッジ、1~6弦が別々のに換えようかなぁ。

あー、シャーラーのロックピン買わないとですね。

| 使用機材について | 20:57 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

11本目(Fender Japan ST62-US)

今回はオマケです。

このギターがなぜオマケかと申しますと

そのうち嫁に出すかもしれないからです。

その理由というのは。。。


  ぽわ、ぽわ、ぽわ、ぽわ~ん(思い出してる効果音)


当方の親族(若い女子)から

「ギターかベースを弾いてみたいんだけど」

と急に相談を受けまして。

当方の楽器をしばらく預かって貰ってまして

そのギターを弾いてみたことはあるとのこと。

当世流行りのギター女子も良いけれど

女性ベーシストは

・体格とのアンバランスさが良い。
・ギャップ萌え
・わかってる、あの人はわかってるとか言われる

だから、モテるんじゃねーの?

ってことで、

ベースを始めることになりましたとさ。


  オラ、どーなっても知らねーだwww


とも言えないので、なんとかしましょう。

当方もベースを弾いてみようって頃だったので

教則本を一緒に探し、ヤフオクをあれこれ見て

5,000円で余裕でおつりがくるベースを、

練習用にプレゼントしました。

そしたら、そのベースの色が気に入ったと言うので


  しばらくして、まだベースを続けていたら、

  もうちょっとマシなベースを、そうだなぁ、

  進学か就職のお祝いに買ってあげるよ。

  それとは別に、その色のギターも探してみるかな。

  あぁ、要らないなら僕が使うから良いよ。


なーんて、自分が使う気満々じゃないですかwww



OLB(オールドレイクプラシッドブルー)のストラトです。

20160514 170611



9フレット辺りに打痕があったぐらいで

ボディ等は、まぁまぁ綺麗な状態でした。

20141209 112509



サビや汚れは結構ありまして、

ブリッジ、サドル等は磨きまくり。

20141209 121332



ペグも外して磨きまくり。

定規を当てて復旧。(ナナメになるとみっともない)

20141209 114532



ポットやスイッチも、F/J純正なので

20141209 130205



配線も全部交換して

20150422 201931



パーツも、いつものものに全交換。

配線の改造はしなかったので

手持ちのストラトでは唯一オリジナルの回路のままです。

20150506182345482_20160514180127728.jpg



ピックアップカバーも掃除しました。

ここって結構汚れるようなので、

たまにはチェックされることを推奨いたします。

20141209 131451



当方の微妙なスキャロップの指板のギターを

ちょいちょい弾いていたそうなので、

一応再度、あれで弾けたか? と聞いてみたら、

大丈夫、弾けたよーって言ってたので

はいそーですか、ありがとうw

ごしごしごし・・・。

20150118 201709



打痕も目立たなくなりましたが

指板を削ったので少し反ったというか

うねったようだった(=ネックが柔らかい?)ので

いつもお世話になってるカスタムショップで、

ネックの角度調整と、すり合わせをして頂きました。

20160514 170936



よーーーく見ると、ボディの接合面と思われる線が

塗装の上からでもわかります。

(この写真じゃ分かりませんが)

2本あるようなので3ピースですかね。

しかし塗装の上から分かるのは初めてですなぁ。

くっつけた後で木が痩せたとか???

そのうち、車の塗装の傷を埋めて消すタイプの

キズ消しで磨いてみましょうか。

20160514 170700



このギターのボディ材は、バスウッドだそーです。

当方所有のギターではこれだけなのですが

音の違いは聞いて分かるか? と言えば、

いいえ、分かりません(笑

持った感じも悪くないし、音も悪くないと思うので

別にボディ材なんて~って感じです。

あとは、次回の弦交換の時に、

トレモロブロックを鉄製に交換したら

カスタムも終わりですかねー。

もし当人が「要らない~」となったら

配線を改造します。(わくわくwww

とりあえず、もうしばらくお預かりです。

(時々弾いてますけどw)

| 使用機材について | 00:43 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

10本目(Fender Japan ST62-65AS)

下書きを書きかけて、だいぶ忘れてました(てへ



前回の記事(9本目)で書いた、スパゲティ・ロゴ。

昨今の本家はスモールヘッド&スパゲティ・ロゴが主流で

モダン・ロゴ派としては、寂しい限りです。

あとレリックモデルも流行ってるんですかねぇ。

使っていて付いちゃう傷は良いとして

普通に綺麗な状態が好きなので、

やりすぎなレリックは、ちょっとなーって感じも。



それは置いておいて。

10本目は、F/JのST62-65ASです。

20160413 191645



F/Jの40周年記念モデルの一番安かったやつです。

スモールヘッドだし

スパゲティロゴだし

マッチングヘッドだし

えげつないぐらいのトラ杢フィルムだし

好みの要素はボディの色ぐらい。


  なんで買ったのよ?


いやね、傷み方がねぇ、なんだか可哀想でねぇ。。。

よしよし、おぢさんが直してあげるよぉ♪

で、状態はといえば。。。サドルは錆まくり。

20141107 113300



錆びたネジは簡単にナメちゃったし

20141107 115609



トラ杢フィルムはひび割れ多数。

20141107 113325



これは手のかけ甲斐がありますな。



ペグを全部外して磨き

20141107 181939



トレモロユニットは磨き、サドル&スプリングは交換。

20141110 174329



割れたフィルムは削って剥がして。

そのうち綺麗に剥がしてしまいたいですねぇ。

20160413 191801



トレモロブロックも鉄に交換。

20151125 200747



配線やポット類も

20141107 120027



いつものパターンで交換&改造。

ピックアップのリード線も交換。

あぁ、これは手持ちのストラトでは

初めてマスタートーンにしてみました。

20151125 202757



指板を削ってた時の写真です。

いいかげんに削ってるのがよく分かって恥ずかしいですが。

アルミのテープも一部剥がれて無くなってるし。

20141116 132808



1~3(4)弦辺りしか削っていないのが

よく分かりますね。

やっぱりこれも1mmぐらいですかねぇ。

ポジションマークが消えないように(笑

20141116 143044



ツマミ類も全部洗って、錆びたネジ等は交換。

てことで、おぢさんが綺麗にしてあげたよぉ♪(バカ

20160413 191700



持った感じも悪くないし、音も気に入ってます。

スモールヘッドも悪くないなーと思いました。

ただネックを握った時の感触と言いますか

適当にペーパーをかけて部分的に剥がしただけなので

裏側のサラサラ感がなくて、気に入らないのです(笑

そのうちなんとかしなくては。。。



鈴鳴り感(しゃらーん♪って音)はどうかというと

プレCBSの本物を持っていないので、

比べようがないわけですが、

ラージヘッドのギターとは、少し違う気がします。

そういえばカスタムショップの先生(スモールヘッド専門)も

ラージヘッドで作ると、同じように作っても音が違うって

おっしゃってました。


| 使用機材について | 00:46 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

9本目(Fender Japan JB75)

月曜日です。

ただでさえダルい月曜日に朝から雨。

先週の疲れが抜けてないのかなぁ。

今週も無理せず参りましょう。

あ、今日はホワイトデーでしたか(他人事www



***



さてさて。

週の初めで特にネタもないので9本目。



Fenderのロゴは、いくつかありまして

1964年以前の、CBSに売却されるまでの

スパゲティ・ロゴ。

20160313 10835



1964~1968年に、字体を変えた

トランジション・ロゴ。

20160313 10833



1968年以降の、モダン・ロゴ。

学生時代に憧れて見ていたロゴです。

20160313 10834



憧れだった頃のイメージが強くて、

今でもモダン・ロゴのデザインが好きですが

その頃はスモールヘッドには興味がなくて

というか、その頃からすでに高くて、

どーせ買えないしで不勉強だったので、

スパゲティ・ロゴやトランジション・ロゴも

あるんだってことも、当時は知りませんでした。



ネットをあれこれ見ていたら

最近になってせっせと聞いているscandalのTOMOMIさんが

メジャーデビュー前に使ってたベースの写真が落ちていました。

F/JのJB75だそうです。

live200712_tomomi.jpg



そういえば、学生時代のバンドのベースが

1974年頃のJB使ってたなぁって思い出しまして

やっぱりモダンロゴのモデルも1本欲しいなーと。。。

そいつが使ってたのもサンバースト/ローズだったし

それもいいなーと思っていたのですが

なかなかなくて、とにかく

ローズ指板のJB75を見つけたら買おう!

ってことで、これになりました。

20160229 211847



やっぱり白/ローズが好きなんですかねぇ(笑

当時のカタログを調べたら、

多分JB75-90(US)だと思います。



お約束のカスタムと

20151018 164052



気が向いたので、ピックアップも交換しようとして

20151018 160634



オリジナルのピックアップどうもUSっぽいと気づきまして。

20151018 162935



正体は謎のままですw

結局、せっかく買ったしで、買った方をつけましたが、

音はあまり変わらなかったような。。。

20160229 211857



70年代のJBは、リアピクックアップが

ブリッジの方に1cmぐらいずれたらしいのですが

JB62とJB75を比べると、同じ位置なんですよねぇ。

そこは、手を抜かずに再現して欲しかったです。

(前回貼ったJB62)

20160229 211705



音は、かなり違います。

同じようなピックアップで、

同じパーツなんですが、

JB62の方は柔らかい感じで

JB75の方は元気がある感じ。

この2本の違いは、指板の貼り方と

ボディ材(カタログではアルダーとアッシュ)なのですが

それによる差なのですかねぇ、良くわかりません。



ベースは本職じゃないし、これらも気に入っているので

次はあれが欲しいとかないのですが

プレジションとか、サンダーバードあたりは

弾いてみたい気もします。

リッケンをバリバリいわせてみたい気も。。。

てか、まずは練習しろよ(笑

ってことで当分がまんです。

きっと先に、欲しいギターが出てきますしねぇw


| 使用機材について | 20:07 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

8本目(Fender Japan JB62)

やっと週末です。

今週はあれこれ疲れました。

昨日、今日と、ぐぐっと疲れたので、

今宵は早寝です。

なので今日は、少しずつ書いてあった分で。



***



いわゆる「寝たきりミュージシャン」ではありますが、

一応ギター弾きです。

いや、ギター弾き「だった」と言うべきですか(笑

とはいえ、

ずっとベースも弾いてみたかったのですが

なかなか機会もなく。

好きだったグループのベーシストは

ジョン・ディーコン先生も、

ロジャー・グローバー先生も

たいてい好きですが、とりわけ、

クリス・スクワイヤー先生とか

o0472032813327551751.jpg



ジョン・ポール・ジョーンズ先生とか

img_0.jpg



若くして亡くなった、元ユーライアヒープの

ゲイリー・セイン先生とか

garydead2.jpg



ホワイトスネイクでは初期のメンバーだった

ニール・マーレイ先生が好きでした。

201201222030121cb.jpg



誰かに憧れて弾いてみようってわけじゃないので

どんなベースが欲しいかって、特になかったのですが

Fender系ならジャズベースがいいかなー、、

Ginson系ならサンダーバード辺りかなーと探したら

キャンディ・アップル・レッドが綺麗だったので

これにしました。

F/JのJB62-75 USです。

20160229 211644



ベースに関しては、思いっきり初心者です。

ギターが(ある程度)弾けたら

ベースは弾けるか、と言えば

無理です、弾けませんw

そろそろ1年半になりますが

そりゃ毎日弾いてるわけじゃないけど

なかなか弾けるものじゃありません。

ついつい、ギター的な押さえ方しちゃってビビるし

右手もリズムキープが困難です。

バンドで一緒だったあいつも、

よくこんな難しいの弾いてたなぁ。。。

そうそう。

ベースプレイヤーがギターも弾けるというのは、

ギターをやってて、バンド組もうよって時に

じゃんけんで負けてベースに変わったからだと

聞きましたが真偽の程は?(笑



このベースも、一通りいじってみました。

ポット、配線、コンデンサは交換。

プレートは、ショップでお願いして

ドリルで穴を拡げて頂きました。

20150416 143527



フロントピックアップの音が変だなぁって

思ったら断線@@

Fender製に交換しました。

下のスポンジもへたって、ぺちゃんこだったので

スプリング入りに交換。

20150430 145109



ブリッジアース線が折れちゃったので

薄い銅板を買ってきて、切って交換。

20150503 160929



金属磨き「ピカール」で、磨きまくって

ピカピカにしました。

20160229 211705



ベースを弾くなら、ベースじゃなくて

メトロノームを嫁にしなきゃ、ぐらい

リズムキープが難しいです。

ギターって、ベースかドラムに合わせればいいので

(当時は「ベースに合わせる」って決めてました)

意外と楽なんですがねぇ。

てことで、普通のメトロノームと、

温度計&湿度計&時計付きの電子メトロノームw

20160229 230808



まぁ、あせらずぼちぼち参りましょうw

| 使用機材について | 22:12 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

7本目(Gibson FLYING V)

また、少しずつ書いて下書き保存してました。

まだ風邪が治りきってなくて、

お腹も結構壊れております。

早く寝ることにして、今日使いましょうw



***



去年から1本欲しいなって思ってあれこれ見ていましたが

その条件というか要件が

 ①ストラトというかFender系以外
 ②シングルコイルばかりなので、ハムバッカー搭載
 ③あまり高くないこと

レスポールは高いって思ったし(実際高いんですけど

エクスプローラーは、最後まで迷ったのですが

あと1歩が踏み出せず。

グレッチも考えたのですが、高くて手が届かず。

だいたい、ホワイトファルコンとか似合わなさそう(笑

PRS、G&L、シェクター、リッケン・・・

うーん、どーしよっかなーって時に

視界に入ったフライングV。

過去、カッコいいなぁと思いつつも、

紫と虹にどっぷりだった頃は

ストラトしか視界に入らなかったし

GibsonはFender以上に高いってイメージも強く

手が出ないよなーと思って、

そのままずっと遠ざかっておりました。

。。。

。。



しかし、ここにきてまさかの1発(笑

20160227 124549



たまたま2014年の120周年モデル(V 120の方)があって

もう1つの V History は即売り切れだったらしいし

これを逃したら買えなさそうな気がして、

えぇい、買ってしまえ!



その昔、中学校時代に、好みが分かれていた

オフコース派、甲斐バンド派、そしてKISS派。

それまで、カーステレオで父の好みの音楽を

ずーっと聞かされてきたぐらいだったので

どれも新鮮でしたし、どれも今でも好きですが

とりわけ、これはインパクトが強かったです。

QUEENに傾いた後も、ちょくちょく聴いてました。

Love_gun_cover.jpg



ポールはミラージュ、エースはレスポールの

イメージもありますが

フライングV、カッコ良かったです。

ps004.jpg



↓はGrecoのモデルでしたか。

Greco_AK1400__78a.jpg



そして高校になって聴いたJガイルズバンド。

index_2016022713054021d.jpg



マイケル・シェンカーにルドルフ・シェンカー

michaelschenker.jpg

i320.png



いいなーと思いつつも、都度見送ってきましたが

やっと手が出せたというか、

手が届くようになったというか。

初めてのGibsonです。



去年、ケーブルTVの「ディスカバリーチャンネル」で

Gibsonの工場に潜入って番組がありまして

53154.jpg



フライングVなんて全然出て来ませんでしたが

番組の最後に、完成品の箱がいっぱい並んでて

(TVを撮ったら、ちょっとズレちゃった)

20160228 202926



あぁ、あれが1つ、うちにも来たんだなぁって思いました。

20160105 180808



配線は触ってません。

元のコンデンサが、あまりにちっちゃかったので

程良いやつに変えてみました。

20160113 192857



ラッカー塗装は初めてなので(ストラトはみんなポリ)

うわ、溶けるよ!!!

スタンドに包帯をぐるぐるぐる。。。

20160108 02705



ペグはグローバー。

グローバーって初めてだなぁ。

置き台の代わりに、娘(犬)のオモチャを拝借。

20160227 124658



Fenderと違って、ネックに角度がついてるので

ピックアップの角度が合いません。

角が先に当たりそうになるので

エスカッションをつけるか、

このギターみたいに下にスポンジを敷くか。

20160227 124620



そうそう、

これ、うちのギターには全部付けてます。

ストラップの穴が拡がって緩むと、

スポっと外れて落ちますし

落とすと精神的に痛いっす(笑

過去2~3回落としました。

20160105 193412



思ってたより短くて、軽くて、

音もイメージと違って柔らかい。

キンキン、ズンズンしてないというか

変形ギターなのに、音は尖っていない感じ。



いい年のおっさんが持つのもどうかと思いましたが

誰に見せるわけでもなく、問題なし!と(笑

KISSなどを見て、いいなーと思ってた年代のモデルは

ヘッドに丸みがあったりして、微妙に違いますが

(V History や、2015 JAPAN Limited がそうです)

いつかまた、縁があったら、

どこかのメーカーのが買えるかもしれませんね。



オマケ。

初期のデザインも良いんですよねー。

これは白ですけど。





1967年のVはバイブローラー付きだそうで。

こっちはレッショルのMMDでw




| 使用機材について | 18:09 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

6本目(Fender Japan TL72)

これ、ネタがない時用にと、少しずつ書いて

下書きで保存してあったのですが

今日は眠くて、起きてる自信がないので

早々に使ってしまいましょう(笑



***



以前は、あまり興味のなかったテレキャスター。

紫や虹にどっぷり浸ってた頃は、

ほとんど考えたこともなかったのですが

きっかけは忘れましたが、聴いたこれとか





御大を聴くまでは、この人のイメージが強かったかも。





そして、あまりにも有名な御大。





そして最近は。。。

いやいや、この人ギターも上手いんですよw

0321_20160227125651373.jpg





テレキャスって、シンプルなところが、

カッコいいんでしょうかねぇ?

一度は手にしてみたくなりました。

カスタムも捨てがたかったし、

ローズ指板も良かったのですが

木目が気に入ったので、これにしました。

この年代のロゴ(字体)に弱いんですかねぇ(笑

20160225 221538



Fender Japan のTL72-55です。

ハイパスコンデンサがついていましたが

何もない状態で聴いてみたくて、外しました。

ダンカンのサイトにある現代のワイヤリングで。

配線はクロスワイヤーでやりなおし。

ピックアップも最初からクロスワイヤーのもので

程良いものに交換。

Fender製だったはずですが、なんだっけ。。。

20150402 170913



ポット(CTS)とスイッチ(CRL)を交換して

あ、コンデンサも。

20150506 172026



コントロールプレートは、ショップで教わって交換。

20150327 102219



トーンの取り出し位置を変えてみました。

ボリュームを下げた時の、高域が出やすくなるとか。。。

20150929 192202



音がどう変わったかってのは説明しづらいですが

今の音は気に入っているので、まぁ良いでしょうw

そうそう、ブリッジも1~6弦独立に交換。

20160225 221555



あれこれ調べてみましたが、

ボリュームポットの抵抗値が高いほど、

高域がよく出るようです。なので

高域の出やすいシングルコイルには250kΩ、

出にくいハムバッカーは500kΩが使われてるそうです。、

テレキャスは1MΩ(1000kΩ)だったこともあるとか。

その辺りは、そのうち試してみようかなぁ。

あとはハイパスコンデンサの威力ですかね~。



それにしても

テレキャスの、いろいろなバリエーション、

どれもそそられますねー。

シンラインとかも弾いてみたいし

ローズ指板のも1本欲しいですし

キリがありません(笑


| 使用機材について | 20:53 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

5本目(Fender Japan ST72)

え~、またストラトですか~?

はい、そうで~す(笑



***



学生時代に憧れた最初のストラトは

ラージヘッドの白/ローズでした。

社会人(社壊人?)になって

経済的には買いやすくなったのですが

しかし、その頃。

爆発的?に流行ったインマル先生

(Yngwie Malmsteen)の影響で

白/ローズのストラトが品薄どころか

店頭からなくなりました(笑

いや、世の中からなくなったぐらいの勢い。

サンバースト/ローズを買っちゃったこともあり

Sシリアル(70年代後半のラージヘッド)の

白/ローズには縁がなかったなぁって、

時が過ぎようとしておりましたが、

そこに、今は本家に吸収?されちゃいましたが

Fender Japan(以下、F/J)という救世主がw

三つ子の魂百までと言いますが、

最初の憧れは忘れられないものです(言い訳)

20160224 181421



F/JのST72-70です。

ストラトの音がしないとか言われるF/Jのストラトですが

確かに1982等と比べると、

ちょっと腰が弱い気がしたような。

それで、各ギターのチェック・調整をお願いしていた、

地元のカスタムショップの店主様に

あれこれ教わってパーツ等を交換してみました。

これがビフォーです。

20141103 165350




アフターのちょっと前w

シールドじゃなくて、ネジでアースとるのに

アルミテープ(台所用)を貼ってみました。

20150327 141458



ポットはCTSの古いタイプのモデル(ヘソ付き?)で

1973、25th、1982も、シリアル入りの

このタイプが使われています。

20150302 191212



インチ規格なので、ピックガードの穴を広げるのに

リーマー(1,000円ぐらい)も買いました。

これぐらいのサイズが良い感じ。

20150519 143810



スイッチはCTLの5点(理由はRead Moreで)

CTLはインチサイズなので、

国産のミリ規格のスイッチのノブが合わなくなります。

なのでインチ仕様のノブも買わなきゃですが、

白と黒のノブ付きのスイッチも売ってました。

ピックアップは外見で選択。

1972年のモデルならデコボコのやつ(スタガード)でなきゃ!

GRに載せたFenderの'65が気に入ってたのですが、

在庫切れだったので、さらに安かったTex Mexで。

コンデンサは MontreuxのNOS Z5U ってやつです。

オレンジドロップも使ってみましたが

音の違いは分かんなかったです。。。

20150927 82622



配線は、ベルデンを使われる方が多いですが

うちはクロスワイヤーを愛用しています。

(被覆がワックスで固めた布の配線です)

1m380円ぐらいだし使いやすいんです。(引っ張ったら剥ける)

ビニール被覆だと半田付けで溶かしちゃったりするし(笑

20150927 82621



ピックアップの配線も気合で交換して。。。

アルミテープはドライヤーであっためつつ剥がして

銅テープに変えてみました。手が熱かった。。。

20150515 181634



サドルのイモネジが錆びてたので、サドルごと交換。

サドルもほんとはダイキャストなんですが、

程良いのがなくてRaw Vintageのプレスのを。

右半分を変えたところ。

20141107 102038



スプリングもRaw Vintageに。

元々4本派なのですが、

ちょっと柔らかいので、締め込みの調整も。

トレモロブロックも鉄製に交換。

20160224 181457



音を変えるのに、

ピックアップを交換するのが手っ取り早いですが

パーツや配線の交換は、

ハンダ付けをやり直すことになるので

接触の改善にもなるそーです。

ここをご参考にどーぞ。
http://guitar.navicchi.net/guitar-kaizou.html



その他、ぐいっとやるとズレる3点止めも健在(笑

20160224 181451



ペグは最初からロトマチックタイプ。

Fender Jaoanの刻印入りですねぇ、

どこが作ってたんでしょうか。

20141103 162341



ピックガードは、1962年タイプだったので、

(下の、フロントとセンターの間にネジ穴があるタイプ)

穴の位置にこだわって交換。

(上に乗ってる方の、センターの横ぐらいにネジ穴があるタイプ)

20150515 180650



良い音の定義って難しいのですが

良い音=自分の気に入った音だと思います。

パーツ交換の改造をすると、音は確かに変わりますが、

気に入るかどうかはそれぞれ。

自分は元気のある音になったかなーと

気に入って満足していますが、

この手の改造は、やはり自己満足ってやつですねv

20160224 181433



このギターは、このまま使うのも良いですが

1982の余りパーツで組んだ

黒ピックガードにしてみるのもいいかも。

憧れて眺めてた頃のカラーリングですもんねw

リッチー先生後期の配色(リッチーモデルの白黒配色)は、

あまり好みじゃないんですよ~。

fender_013-9010-305h.jpg



ラージヘッドのストラトは(今のところ)これでおしまいです。

欲しいカラーはあるんですけどねぇ。。。


≫ Read More

| 使用機材について | 20:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

4本目(Fender STRATOCASTER)

今日は、娘(犬)達をシャンプーして

スーパーへ行ったぐらいで

あとは、ゆっくり過ごしました。

娘(犬)達の写真ぐらいしかないので、

とりあえず今日は、4本目を参りましょうかw



その昔、

NHKで「ヤング・ミュージック・ショー」っていう

ロックのライブの番組がありまして、

番組最後のテロップで「訳:マイケル・マイケル」だったようなw

なんとそれを、当時まだ高価だったVHSで

録画された方がいらっしゃいまして、

学生時代にバンドやってた頃に、

楽器屋さんでそれをダビングさせて貰って、

それはもう、何度も何度も見ました。

今はDVDで出ているRainbowの「LIVE IN MUNICH」です。

Rainbowの表の名盤はRisingという意見に賛成です。
On Stageも何度聞いたことでしょうか。
このDVDもその頃のものです。
ちなみに裏の名盤はBent Out of Shapeに賛成です。

でもって、これですよ、これ><b

maxresdefault.jpg



Still I'm Sadの中盤、第九の前のところですかねぇ。

このラージヘッドのサンバースト/ローズは

ず~~~っと憧れでありました。

その後就職して、バンドは自然消滅したものの、

就職して資金にも少し余裕できたことだし、

これは今のうちに買っとくしかないだろーと

楽器店で「中古品」を探して貰ったら、

(当時ラージヘッドはなかったので中古です)

これを見つけてきてくれました。

1973年製のFender Strarocasterです。

20160221 200446



ハードケースもついてて、

ボリュームポットが交換されている以外は、

多分オリジナルの状態だったと思います。

20140915 221622



買ってすぐ指板も少~~しだけ削って、

ペグも交換しました。

20160221 200620



このギター、ボリュームを下げていくと

めちゃくちゃ音がこもったんです。

パーツや配線を交換するとか

メンテナンスショップにお願いするっていう発想もなく

そのままずーっと置いてありましたが

去年、思い切って配線を全部交換したら、すっかり直りましてw

配線の不良か、ハンダ付けの不良かは分かりませんが。

さらに、劣化したセレクタースイッチも交換して

ピックアップの配線も度胸を決めて交換して。。。

20150505 190743



シリアルNoだけではよく分かりませんでしたが

ネックデイト、ピックアップのスタンプ、ポットの刻印から

1973年製だと思われます。

1~2年ずれてても全然困りませんがw

ネックは薄~~くシマシマが見えます。

20160221 200651



ピックガードがネジ穴のところから割れ始めてます。

あまりひどくなったら交換しちゃいましょうか。

20160221 201152



学生時代の憧れが叶ったギターです。

特別扱いせず、他のギターと同じように並べて、

同じように埃をかぶって使っていますし

劣化した部品は交換して使えるようにしてます。

磨くだけじゃもったいないですもんね。

Rising~On Stage辺りの頃の曲を弾くなら

やはり、これを使いたいですしねー。



  弾けるかどうかは置いといてwww



ネックや指板の感触や、コントロールなど

使い慣れてるってのもあって

ストラトばっかり買ってましたが

なんだかんだ言っても、

やっぱりストラトが好きなんですね。

紫や虹を聴き始めた頃のインパクトは大きかったです。

最近になって、ストラト以外も弾いてみたくなりまして

あれやこれやと眺めたりしておりますし、

なんで?ってぐらい手を出さなかったGibsonの

ハムバッカー搭載ギターにも手を出してますが

でも、やっぱりストラトの色違いが欲しいなーとか

ついつい思っちゃいますもんね。



オマケ

Part1



Part2



| 使用機材について | 22:20 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT