の~んびり♪ しすぎです

花と山と音楽と娘(犬)達。。。って、日々の雑記が一番多いです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ペグとポットを交換(SG)

良い天気ですが、寒いですねぇ。

冬ですもんね、しょーがないです。



てことで、部品は揃っているので早速始めましょう。

買って早々のSGですが、いくつかパーツ交換です。

①ロトマチックからクルーソンへ

1961年頃の「こぶ2つ」の外見のものにします。
裏面は少し違いますが、がまんw
ペグ自体も軽くなるので音も軽めになる?w

②ポットを300Ω→500Ωへ交換

高域が少し押さえられてるようなので
少しでしょうけど、すっきりできればいいな。

③コンデンサと配線交換

コンデンサ交換だけにしようと思ったのですが
ピックアップからの配線と一部がクロスワイヤーだったので、
その他の配線もクロスワイヤーに交換します。

④シャーラーのロックピンに交換

ヘッド落ちが激しいこともあるので
このギターも交換しておきます(安心v)
ぐるっと回ったときに抜けたら、うわー><ですし。



それでは開始!

。。。微熱があってだるいんですが(笑

ブリッジとテールピースが外れて飛んでいかないように

マスキングテープで止めておいて弦を外して

まずは簡単なロックピンへの交換。

頭が大きくて外れにくいピンなのですが

ストラップをつけにくい&外しにくいなので

Vも早々に交換しましたっけ。

20161207 165825



いつも剥がすのを忘れる保護シールですが

剥がれてきて気付きました。

とってしまいます。

20161210 172105



オリジナルの「なんちゃってクルーソン」ロトマチック。

20161210 172241



1/2インチのソケットレンチで、

くるくるっと簡単に外れました。

思ってたより、締め付けは緩かったです。

クルーソンに付属のネジは柔らかいそうなので

ついてたネジを継続使用します。

太いロトマチックから、細いクルーソンに変えるので

クルーソンに付属のブッシュではなく、

コンバージョンブッシュを使用しますが

これが緩いんですよねー。

外形約10mm(10.3mm=13/32インチ)なんですけど

スポっと抜けてきます。

20161210 173214



何か巻いて押し込もうかとも思いましたが

力のかからないところなので、

木工用ボンドに頑張って貰います。

裏返したときに飛んでいかないように

くっつくまでテープで固定しておきましょう。

20161210 174556



ボンドが固まるまで時間がかかりますから

ポット等の交換は、ゆっくりやりましょう。

ぎゅうぎゅうに押し込まれている感が。

20161210 174807



狭くて、ポット類をつけたまま配線を外せなかったので

スイッチ、ポット、ジャックを外して、配線を外しました。

スイッチ~ジャックの配線は継続使用です。

20161210 180134



配線してからポット類を取り付けようかとも思ったのですが

配線の長短で収まりが悪くなりそうだったので

つけてからでは、どうやってもやりにくい

スイッチ~ジャックの配線だけ先にしておいて

先にポット類を取り付けることにしました。

目盛りの位置用のやつが回っちゃうので

マスキングテープで押さえておいて。

ねちゃっと汚れますが仕方ないです。

20161210 181934



途中は省略しますが、それにしても狭いことw

端子がボディに当たってたぐらいですし。

工場でポットのワッシャを締める時に、

フロント用ポットの2つが少し回転したんだと思います。

まぁ木に当たってもそう影響ないと思いますが。

ポットの向きも気を遣って取り付けましたが

狭くて、真上からハンダ付けする感じ。

いつもアース系から先にやるんですが

出力系のハンダ付けができなくなりそうだったので

出力系→アース系→ピックアップの順にしました。

写真ではスイッチのアース線が抜けてますが、

この後気付いてつけました。(えへ

20161210 185629



VやTeleでやったように、トーンの取り出しを

ボリュームポットの出力側に変えてます。

テストしてOKだったので配線はおしまい。

ブッシュもくっついたので、ペグの取り付け。

仮止めして定規を当ててまっすぐにしておいて固定。

20161210 191432



つまみの根元の「こぶ」も2段になりました。

ぱっと見は設定年代通りになりました。

20161210 191556



指板の手入れもして、テープのネバネバや手垢も磨いて

弦を張っておしまい~~v

20161210 200434



早速試奏です。いつものように、

同じセッティングの状態で弾いて

記憶との脳内比較ですが

こもった感じも減って、

より軽快な感じになった気がします。

ポット(+配線方式変更)とペグのどっちの影響が

大きいかは分かんないですがw

ボリュームを下げた時の音も

こもった感じが減ったと思います。

良い感じになりましたv

同じハムバッカー(型番は違うけど)ですが

Vより少し明るい(軽い)感じの音になりました。

Vの方が少し柔らかいですかねぇ。



あと簡単に交換できるパーツは

アルミのテイルピースと鉄のスタッドですか。

とりあえず勉強(情報集め)します。

関連記事
スポンサーサイト

| 楽器のメンテや改造 | 01:11 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

>ネギトロ大尉
コメント有り難う御座います。

はい、シャーラーです~。
Vと同じで、ネックジョイントのところに
ピンがあって、つける向きが逆になるので
ストラップはVと共用しようとも考えたのですが
長さがかなり違うので、いちいち調整も面倒なので
ストラップもロックピンも買いました。

ロックピンは保険みたいなものですしねぇ。
あれば安心ですし。

| 秀幻生 | 2016/12/13 00:11 | URL | ≫ EDIT

うちもZO-3をロックペグにしたいんだけど今月は出費が多くて(ノ∀`)タハー

ロックピンのこの形はまさにスカッドじゃなくシャーラーですねw
うちもガチギターはシャーラーでZO-3はスカッドつけちゃいますw

| ねぎとろ | 2016/12/12 19:25 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT